ジャック・マーが次に見ている世界

Pocket

6230253968_fec2047de5

Photo:flickr

世界一の企業「アリババ」

中国Alibaba社(アリババ)のJack Ma(ジャック・マー)を知らない人は少ないかと思います。

今や、アリババ社は年間流通総額50兆円を超え、世界No.1のECプラットフォームを提供している企業になった。2015年の流通総額(※)は4,850億ドル(約51.9兆円)で、米小売り最大手であるウォルマートの16年の売上高4,821億ドルを上回り、世界最大の流通企業に。次にアリババが掲げている目標は「2020年度の総取引額6兆元(約108兆円)」である。

「アリババの正体を2016年度決算からひも解いた」を参考に内訳を紐解くと、8割の売上は国内C2CマーケットプレイスのTaobao(タオバオ)とB2CマーケットプレイスのTmall(Tモール)である。ただ、50兆円という流通総額にはB2Bのアリババや、越境ECのアリエクスプレスは含まれていないようだ。これらも含めると、約60兆円になる。

更に見逃してはいけない点として、決済サービスのAlipay(アリペイ)の存在である。現在、Alipayは別会社化され、独自に上場へ向けて動いている。2017年に上場すると言われており、上場した際には6兆円から10兆円になるという見方が多い。

Alipayは別会社のため、アリババ社の売り上げとしてはもちろん入っていない。Taobao(タオバオ)やTmall(Tモール)などのeコマースを始め、全てのアリババの取引ではこのAlipayが使用されており、中国ではそれ以外のゲーム、航空、トラベル、保険、教育、公共料金などの幅広い業界でもAlipayが使用されているため、その総額は数十兆円にも及ぶだろう。これらアリババ社の総流通総額+Alipay売り上げを合算すると、いくらになるのだろうか・・・凄まじい、、

ちなみに、wBuyPay』という決済サービスがwBuyBuyにもある、、‼︎

 

※流通総額と売上高について

ウォルマートの「年間売上高」とアリババの「年間総流通総額」は同意。よく、いろんな記事でこの流通総額と売上高が一緒に語られていることがあるが、ECでいう「流通総額」は消費者が購入した総額を指し、ECプラットフォーム運営者はその売り上げから大体10%~30%程度の手数料を受け取り、それが「売上高」に当たる。そこから人件費やらなんやら引いて純利益となる。ちなみにwBuyBuyでは10%+$0.4である(ちょっとした宣伝。。笑)。つまり、ウォルマートでいう売上高は同じく消費者が購入した総額であり、そこから仕入価格やなんやらを引いて純利益となる。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-12-21-13-42楽天の流通総額 (2014-2016)

ちなみに日本を見てみると、Amazonの年間流通総額は1兆円、最大手の楽天では直近の年間流通総額、約3兆円(2.897兆円)、売上高は7000億円、純利益は37.1%減の444億円である。

アリババと比較するとアリババは楽天の約20倍。中国と日本を人口比で比較すると、中国:約13.5億人、日本:約1.3億人と約10倍の差。この数字を見る限り、中国人がどれだけECを使用して買い物しているかがわかる。

また、三木谷さんは「ビジョン2020」を発表、2012月期の流通総額の目標は5.2兆円、売上高は17000億円を目指すのこと。

 http://corp.rakuten.co.jp/investors/financial/indicators.html

 

次なる未来、eWTP構想

ジャック・マーが次に目指しているのは、eWTP(Electronic World Trade Platform)というグローバルに世界を繋げる世界電子商取引プラットフォームの構築である。これは、現状のアリババをみてわかるように売り上げの9割は中国国内であり、ここから飛躍するには世界しかない。ジャックマーの記事や書籍を見ても、彼は昔から ”Small is beautifull” という言葉を唱えてきた。各国の中小企業にチャンスを与えたいということらしい。今まさにこの言葉を体現すべく、グローバルプラットフォームを構築しようとしている。

アリババグループ取締役局の馬雲(ジャック・マー)会長は、今回のG20ビジネスサミット(B20)中小企業発展ワーキンググループのリーダーを務めている。同ワーキンググループはEWTPという世界電子商取引プラットフォーム構築を提唱した。その構想とビジョンは、これまでグローバル化に参与する機会のなかった中小企業、発展途上国、女性・若者が世界市場に参加し、携帯電話で世界各地の商品やサービスを売買できるようにして、中小企業の活力を最大限にかき立て、より多くの若者の就職、創業、富裕化を助けることである。  

「以前は、中小企業サポートは見込みが薄かった。しかし今後、このEWTPプラットフォームには大いに取り組む値打ちがある。すべての国の中小企業に国際貿易の機会を提供することができるだろう。馬雲氏は30数カ国を訪れ、電子商取引プラットフォームのメリットをPRしてきた」

http://japanese.beijingreview.com.cn/economy/201609/t20160903_800066602.html

 

グローバルな新世代から生まれた「eWTP」ならぬ、「wBuyBuy」

ここからは完全にPRになってしまうが、まさしくeWTPのコンセプトである各国の中小企業や力を持たない人々が容易に海外販売できるようにするために作られたのが今年2016年7月末にβ版として正式オープンしたwBuyBuyである。越境ECならぬ、グローバルEC。

少しご紹介すると、wBuyBuyは個人、法人問わず無料出品、無料出店で世界に向けて販売、世界から購入できるグローバルなECプラットフォームである。一番の特徴は、92ヶ国語の言語対応・世界50種類の決済方法により、「世界各国から世界各国へ売買できる点」。従来の一方通行な取引から相互間の取引を生み出し、各国のユーザーは各国現地の多様なモノを直接メーカーやショップから購入することが可能になった。各国の出店者は、商品が売れた時のみ5%のシステム販売手数料のみ(カード決済、アリペイ決済などを利用する時に別途で5%の決済手数料が発生)発生し、初期費用など一切発生せずノーリスクで始められます。

wBuyBuyの特徴
● 92ヶ国語の言語翻訳対応(自動翻訳+手動翻訳)
● 海外送料自動計算システム
● 12種類の通貨対応
● 全世界50種類の決済方法を導入
● マルチ出店対応(1ユーザーが複数出店可能)
● SNS機能(Facebookページの多言語バージョンのようなイメージで自分のページにつぶやき機能がある)

 

上記で紹介した「eWTP」をジャックマーが今年の9月に中国杭州で行われたG20で発表するということを知り、G20での発表前にwBuyBuyを運営するSSQQB Inc.代表の張永強からジャック・マーへSinaブログを通して公開レターを送った。瞬く間にシェアは拡大し、アリババ社の幹部の方(Associateの中の一人)から実際に返事まで頂いた。最後に改めて、その原稿をここにも掲載しておきたい。(中国語only)

ジャック・マーに敬意を表すると共に、負けじと頑張っていきたい。

 

原稿 

%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%81%b8%e3%81%ae%e6%89%8b%e7%b4%99%e3%83%bc%e4%b8%ad

 

参考

FINTECHという文脈で語るグローバルECWBUYBUY

アリババの正体を2016年度決算からひも解いた

Alipay Owner Said to Plan Hong Kong IPO in First Half of 2017 

上場後アリババを超える規模となり得る?!アリペイを運営する謎の企業

Alibaba’s Jack Ma Promotes Free Trade for Small/Medium-Sized Businesses at G20 

Pocket

最近の投稿

広告

最近の投稿

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA